ばあちゃんの部屋①

去年の今頃は… 引っ越してくる前から この古い新居の片付けに通っていて、夏のあいだに庭など外側を(ある程度)終え、9月からは家の中の片付けに入ったのだけど…

この家のコトも、引っ越し絡みでブログに書き始めたのは去年の9月からだったようで

降って沸いたような(2022/9/25)

古い新居…w(2022/11/7)

この2つの記事のあいだに、引っ越しのため1ヶ月以上の空きが出来てしまったのだけど、フツーの引っ越しとは違い、空き家だった状態から「片付け&修繕しながら住む」というのが前提だったので、当然ネット回線も工事しなければ無いワケで。。。

この家の修繕ネタは、このあとも いくつか DIY のくくりで書いてますが、今回の「ばあちゃんの部屋」はある意味、1番大変だけど1番ちゃんとしなきゃと思ってたところで。。。

ばあちゃん”というのは、昔ここが事務所の寮だった頃に寮母だった人で、先生の奥さんのお母さん。亡くなられて数年経ちますが、30年前(3年間ほどでしたが)ここでお世話になってた僕からしても、ばあちゃんみたいなもので。

…ま、今にして思えば(当時は僕も20代前半と若く、帰りも遅かったりで…)もっと話したり出来てれば良かったなと。。。

さ! 頑張るぞ!w

以前描いた絵の再利用w…

まずは要らないものの処分… って。。。

空き家というか廃墟…(汗)。

けっこうショックだったので写真は撮らなかった(というか撮れなかった…)けど、記憶を絵にするとこんな感じ。いや記憶を補正してるかも…もっとスゴかったかな。。。

この家は寮の役目を終えたあと、最終的には ばあちゃんと事務所のチーフが住み続けたのだけど、ばあちゃん自身は晩年施設へ移っていたので、亡くなられる数年前にはここを出ており、残ったチーフがその後数年住んだあと(チーフ自身の判断で)事務所の近くに部屋を借り、家を出た。おそらくそこから4〜5年は空き家になってたのだと思う。

…にしても、この荒れ具合。最後に住んでた人! どーしてなのさっ!?… 

ま…今さら言っても仕方ない。それまで知らぬ存ぜぬだった自分が無責任に問い詰めていい立場でもない気がするし。一時は家の処分も検討されたそうだけど、巡り巡って僕が住むコトになったのだから、まずは、やらねば(笑)。

先述の先生の奥さんから「残ってるものは全部要らないから処分してくれると助かる」と言われてたので、とりあえず片っ端からゴミ・ガラクタ・不用品を捨てる。

ボロボロの障子と網戸も

キレイに掃除して張り直すだけで、だいぶ見違えます(笑)。

他の部屋の修繕も並行して…というか、このばあちゃんの部屋はキレイにしても使うつもりはないので、ちょいちょい作業が後回しになったりもしつつ…

…で、4月に入って “砂壁をなんとかしよう” と、重い腰を上げる。

少し考えて、壁紙ではなく「ペンキ」を使ってみることにした。

ばあちゃんの部屋にペンキを選んだのは、防カビ・消臭効果があるものを選べるという利点があったので。まぁ、カビのほうはあまり心配は無さそうなんだけど、押し入れの傍の開き戸に仏壇が入ってたせいだろう、そこら中というか部屋中というか線香のキツい匂いが染みついてしまってて、雨の日なんかはだいぶ辛い(笑)。

ペンキ塗る前に少しでもなんとかしようと、部屋中の拭き掃除はもとより部屋中やら壁全面やらに、キッチン用のブリーチ(漂白剤)を、ありえない濃さで希釈してスプレー散布。迂闊に吸ってしまうとヤバいのでマスクしながら何度もスプレー。風通しを良くして何日もスプレーしてると、意外と効果を実感出来たw…

砂壁の下処理

砂壁の状態は、壁が剥がれてくるようなコトはないけど、触るとザラザラと砂が散る。このままでは塗装もできないので、下地剤を塗って砂壁を固める必要があります。

…となると、まずは養生(マスキング)。作業のジャマになるので、壁のコンセント類のカバーを外すところから…

1976年って… 僕6歳なんですけど。。w

簡単作業なのだけど、こーゆーのは意外と時間かかるw

砂壁に下地剤を塗っていきます。

2階の砂壁でやった時の残りがあったので、アクドメールを買い足して…6畳の壁全面に2度塗り(1度目は2倍に希釈、2度目は原液のまま)で、4リットルのアクドメール1本半くらい使ったかな?… という感じ。

1度目は、2倍に希釈した液を壁にしっかり吸わせるように塗っていきます。

ここからまた少し時間空きます。。。

ペンキ塗装

ペンキは5月に入ってからになりました。

和室なので、真っ白とかよりは落ち着いてイイ感じかなと。おそらく元の壁もこれに近かったと思うし(一部ミドリっぽいところあるけど)。

使い方

なるほど、容器をそのまま使えるのね。

塗っていきます。

砂壁だから塗りムラも出ない。下地処理も効いてキレイに塗れます。

2度塗りの必要、ホントに無さそう。しっかり塗れました。

マスキングテープ・マスカーを剥がします。

…と言ってるそばから

壁だけは、ぱっと見「新品同様」(笑)。。

ちょっとずつキレイになっていくのは楽しいですねー。

@atorie_fake

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

夏休みの工作-2023-③

次の記事

ばあちゃんの部屋②